• 料金
  • アクセス

腰椎分離症について

腰椎分離症とは、腰部のひねる動きやスポーツのしすぎなどによって、腰椎の後方部分が疲労骨折して分離してしまう病気です。おもに10代の成長期に見られ、発症すると下肢の痺れや腰痛などが引き起こされます。

スポーツ選手の発症が多く、30%から40%の人が発症しますが、一般の人では5%程度です。

おもな症状については腰の痛みや痺れですが、太ももや臀部にまで痛みと痺れが広がってしまう場合もあります。

腰を反らせるようにすると激しい痛みに襲われることも、腰椎分離症の症状の大きな特徴です。一般的に腰痛はありふれた病気ですが、腰椎分離症は腰椎後部の神経組織を保護している椎弓の一部が分離するため、体勢によって症状が変化します。その結果、上体を後ろに反らすと激しい痛みが生じるのです。

腰椎分離症の原因について

運動に関連することがほとんどです。

ジャンプや腰が回旋する運動といった物理的な負担がかかる行動を繰り返すことで、椎弓狭部に疲労骨折が生じて発症します。

腰椎分離症でお悩みなら当院にお任せください

分離を起こす部位は第5腰椎であることが多く、放置しておくと腰椎分離すべり症の原因となり、様々な神経症状が起こります。

そのためただの腰痛であると自己判断せず、専門医による早めの診察が重要であるといえます。

その他の症状はこちら

新型コロナウイルスの対策について

料金案内

お気軽にお問い合わせください

電話予約はこちら

line

line

院名 てて整骨院 伏見啓明院
住所 〒064-0913
札幌市中央区南13条西22丁目1-15サツドラ内
受付時間
平日
(午前)10:00~14:00
(午後)15:30~20:00
受付時間
土曜日
10:00~14:00
休診日 日曜・祝日

Google Map

GoogleMap

店舗一覧

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com