• 料金
  • アクセス

胸郭出口症候群について

胸郭出口症候群は、首から胸にかけての神経が圧迫される病気になり、さまざまな症状を発症させます。

胸郭出口症候群の症状

胸郭出口症候群は、上腕や肩の運動・感覚に関わる神経や動脈の障害をうけることで引き起こります。また先天性の場合もあり、生まれながらに神経や血管のトンネルが狭いことで、胸郭出口症候群を患うケースもあります。

症状は、痛みやちくちくする感覚が首または肩で始まり、腕の内側に沿うように手にまで広がるようになります。特徴的な症状としては、つり皮を持っている時や洗濯ものを干している時などに腕がだるくなることなどです。痛みやしびれよる握力の低下や、肩こりや冷え性などの症状を伴う場合もあります。

症状が悪化することで、自律神経に影響を与えることになり、頭痛や吐き気などの症状を訴える人もいます。胸郭出口症候群は、なで肩の女性や仕事で重たい荷物を持つ機会が多い人・野球やバレーボールなど手を高かく上げることが多いスポーツをおこなっている人などが発症することが多いです。猫背など姿勢が悪いことで、胸郭出口症候群にかかる原因になるので、姿勢を良くすることで症状が改善するケースが多いです。

胸郭出口症候群でお悩みの方は当院にお任せください

症状を放っておくと治りづらく、時間が経ってから治療を開始しても治るまでに時間がかかるため、胸郭出口症候群を疑う症状があれば早期にしっかり治すことが大切です。同じ診断名でも、一人ひとりの生活の違いなどによってもアプローチの仕方は変わるものです。当院では様々な施術を組み合わせて、患者様のお悩みに対してアプローチをしていきます。気になる症状があればてて整骨院 伏見啓明院にご相談ください。

その他の症状はこちら

新型コロナウイルスの対策について

料金案内

お気軽にお問い合わせください

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 てて整骨院 伏見啓明院
住所 〒064-0913
札幌市中央区南13条西22丁目1-15サツドラ内
受付時間
平日
(午前)10:00~14:00
(午後)15:30~20:00
受付時間
土曜日
10:00~14:00
休診日 日曜・祝日

Google Map

GoogleMap

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com