• 料金
  • アクセス

脊柱管狭窄症について

複数の椎骨が積み重なる事によりできているのが脊椎です。それぞれの椎骨には穴が存在している構造によって、管の役割を果たす仕組みになっています。

それらを脊柱管と呼び、中にはとてもデリケートな神経が収められていて、通常であれば周囲の骨によってしっかりと守られているものの、年齢を重ねるのに伴って周囲の骨の形が変化する事で本来なら守る役割を持つ骨が神経に刺激を与えます。

脊柱管狭窄症の原因

周囲の骨により神経に刺激が加えられる事が脊柱管狭窄症であり、中にある神経は足との関係性がとても深い神経であるが故に、刺激を受けた事がきっかけで痛みと痺れを感じるようになり、これまでのように動かしにくくなる事もあります。

原因は年齢を重ねていく事が密接に関係している様子から患者の年齢も高い傾向にありますが、患者の中には生まれた時から既に細めになっている方も少なくなく、生まれつき細い方においてはまだ年齢が若い段階から脊柱管狭窄症になります。

脊柱管狭窄症は腰の痛みは感じにくいものの、歩行などの日常生活に変調を感じやすいですし、進行していくと横になっている時でも背中を丸める必要が生じます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は当院にお任せください

当院では様々な施術を組み合わせて、患者様のお悩みに対してアプローチをしていきます。
患者様が目指すゴール、そして当院が目指すゴールをしっかりとすり合わせて、患者様にとってベストなゴールをともに目指していきましょう。
脊柱管狭窄症でお悩みの方はてて整骨院 伏見啓明院にご相談ください。

その他の症状はこちら

新型コロナウイルスの対策について

料金案内

お気軽にお問い合わせください

電話予約はこちら

お問い合わせ

line

line

院名 てて整骨院 伏見啓明院
住所 〒064-0913
札幌市中央区南13条西22丁目1-15サツドラ内
受付時間
平日
(午前)10:00~14:00
(午後)15:30~20:00
受付時間
土曜日
10:00~14:00
休診日 日曜・祝日

Google Map

GoogleMap

PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com